ルッドリフティングジャパン 人気定番の アイボルト 信頼 RUD スターポイント細目ボルトVRS-F-M16SP 品番:VRS-F-M16SP 1個

ルッドリフティングジャパン アイボルト RUD スターポイント細目ボルトVRS-F-M16SP (1個) 品番:VRS-F-M16SP

ルッドリフティングジャパン アイボルト 信頼 RUD スターポイント細目ボルトVRS-F-M16SP 品番:VRS-F-M16SP 1個 ルッドリフティングジャパン アイボルト 信頼 RUD スターポイント細目ボルトVRS-F-M16SP 品番:VRS-F-M16SP 1個 10778円 ルッドリフティングジャパン アイボルト RUD スターポイント細目ボルトVRS-F-M16SP (1個) 品番:VRS-F-M16SP 花・ガーデン・DIY DIY・工具 ネジ・釘・金属素材 吊金具 10778円 ルッドリフティングジャパン アイボルト RUD スターポイント細目ボルトVRS-F-M16SP (1個) 品番:VRS-F-M16SP 花・ガーデン・DIY DIY・工具 ネジ・釘・金属素材 吊金具 /forb1414129.html,スターポイント細目ボルトVRS-F-M16SP,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , ネジ・釘・金属素材 , 吊金具,(1個),品番:VRS-F-M16SP,ルッドリフティングジャパン,grapplingcentral.com,10778円,RUD,アイボルト /forb1414129.html,スターポイント細目ボルトVRS-F-M16SP,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , ネジ・釘・金属素材 , 吊金具,(1個),品番:VRS-F-M16SP,ルッドリフティングジャパン,grapplingcentral.com,10778円,RUD,アイボルト

10778円

ルッドリフティングジャパン アイボルト RUD スターポイント細目ボルトVRS-F-M16SP (1個) 品番:VRS-F-M16SP



特長
●今まで不可能であった、アイボルトでの横吊り作業が安全に行えます。
●本体部分が荷重方向にボルトが緩まず360度回転します。
●CEマーク取得品で海外向け金型にも取付可能です。
●高強度・コンパクト設計です。
●継目のないリングで強靭です。
●周囲温度で色変化するピンクパウダーによる表面塗装(特許)を施しています。
●変換アダプター(別売)使用でM100めねじまで対応できます。
●細目ボルトタイプです。
●ルッドIDポイント[[R下]](RFIDチップ)付きで、ルッドICリーダーを使うと固有のチップ番号で識別できます。
用途
●金型、風力、土木、造船、精密・工作機械、運搬業などの重量物の吊り上げに使用。
材質/仕上/セット内容/付属品
●ニッケルクロムモリブデン鋼
仕様
●基本使用荷重(t):1.5
●ボルトサイズ:M16
●ピッチ(mm):1.5
●寸法(mm)D:35
●寸法(mm)K:65
●寸法(mm)L:24
仕様2
●安全率4倍
注意
●製品画像は代表画像(イメージ)の場合が御座います。
●製品の仕様、外観等は予告なく変更される場合が御座います。
●製品の色、サイズなどを含む製品の詳しい仕様はメーカーホームページ等にてご確認ください。
●北海道・沖縄・離島は別途追加料金が必要となります。
発注コード
●797-4892

ルッドリフティングジャパン アイボルト RUD スターポイント細目ボルトVRS-F-M16SP (1個) 品番:VRS-F-M16SP

EPクロアは
医薬品開発支援業務への
AI適用に取り組んでいます

すべては良い薬を一日でも早く
患者さんにお届けするために・・・

お客さまのご期待にお応えすること

お客さまの利益につながること

お客さまが喜ばれること

サービス・ソリューション

近道はここにある
業務ITとクロア

EPクロアは業務だけでなく

ITの選定やCSV、他社製ソフトウェアの

導入・メンテナンスまで、一括で委託いただけます

優れた情報技術と業務ノウハウを活かして・・・

EPクロアのワンストップサービス

答えは、CROxIT

良い薬を一日も早く患者様にお届けするため、

私たちは高品質なサービス提供とともに、

「CRO×IT」の相乗力によって、

医療・医薬品業界のビジネスを革新してまいります。

EPクロアとは

一人ひとりのおもいを原動力に、
医療・医薬品業界未来を変える。

何かを「変えたい」という意欲は当事者意識から生まれます。

もし皆さんが「会社を変えたい」という熱意をお持ちであれば

私たちEPクロアはその気持ちを尊重します。

採用情報

ニュースリリース

ニュースリリース一覧

「お客さまをいろいろな面でサポートしたい」というおもいを実現するために試行
錯誤してきた歴史が、現在そして未来のEPクロアにつながっています。

1990年CRO事業を開始

治験データ入力業務を開始したのが1970年代のころ
まだ世には「CRO」というコトバすらなかった…。

「CRO×IT」

ITに強みを持つ企業として
ITシステム導入の経験と実績を、CRO事業にフィードバック

先人のおもいを守り時代を先導していく

時流の速さを好機と捉え、新しいビジネスや社会の在り方を切り開いていく


TOP